見る・遊ぶ

金沢でギャラリーコンサート-ガラス造形作品に囲まれバイオリンとギターが共演

扇田さんの代表作「HOUSE」

扇田さんの代表作「HOUSE」

  •  
  •  

 金沢の「ギャラリー点」(金沢市入江、TEL 076-292-2140)で9月18日、ギャラリーコンサート~Art & Musicが開催される。7月に初開催し好評だったことから2回目の開催が決まった。

扇田さんの作品が並ぶギャラリー点のコンサート会場

 金沢を拠点に活動する造形家・扇田克也さんの個展「昭和86年のわたし」の会期中に行われる同コンサート。演奏するのは、初回と同じバイオリン奏者の坪倉かなうさん、今回はギターの谷内直樹さんが共演する。

[広告]

 会場には、蛍光灯をリサイクルしてガラスや金属と組み合わせた扇田さんの代表作「HOUSE」をはじめ、銅粉を使った新作の「HOUSE」や粘土を素焼きした「テラコッタ」など約70点が並ぶ。世の中で起こる事や小説を通してインスピレーションを高め、常に新しいことに挑戦し続ける扇田さんは「未完成でもいいから新しいことに挑戦することで、これまでと違うことが見えてくる」と話す。

 そうした扇田さんの作品と人柄に触れた坪倉さんは「扇田さんの芸術への思いをスペインの音楽にのせて、音楽+美術=芸術を表現したい。『HOUSE』を見て、どうしてもパガニーニの『カンタービレ』を演奏したくなり、谷内さんにギターの共演を依頼した」と話す。演奏曲目は「G線上のアリア」「ユーモレスク」「アンダルシアのロマンス」のほか、オリジナル曲も予定する。

 同ギャラリーオーナーの金田みやびさんは「演奏する舞台を360度取り囲むように、扇田さんの作品が並ぶ空間で、視覚と聴覚の両方から感じる心地よさを楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開演は16時。入場料は2,000円(ドリンク付き)。チケットは同ギャラリーで取り扱う。扇田さんの個展は今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009