暮らす・働く

金沢・竪町が独自番組をネット配信-商店主らの素顔紹介

スタジオで「恋」をテーマに、トークを繰り広げる宮崎さん(右)と広田さん

スタジオで「恋」をテーマに、トークを繰り広げる宮崎さん(右)と広田さん

  •  

 金沢市の竪町商店街振興組合は5月、ユーストリームで独自番組の配信を始めた。同組合に加盟する商店や企業の経営者、店員、社員が交代で出演し、趣味や興味のある話題を紹介して個性的な素顔を披露する趣向。2回目の19日は「パティオ」の統括マネジャー、宮崎直美さんが恋をテーマにトークを繰り広げた。

スタジオで「恋」をテーマに、トークを繰り広げる宮崎さん(右)と広田さん

 番組名は「タテマチ・ユーストリーム・ステーション」。毎月第1・第3木曜の21時~22時30分の1時間30分にわたり、店舗内に設けたスタジオからテーマトークや「My(マイ)お気に入り」紹介コーナー、ゲストコーナーなどをライブで配信する。新しいスタイルでの情報発信により、流行に敏感な層を竪町に呼び込むことが狙いだという。

[広告]

 19日はファッションビル「金沢パティオ」の従業員休憩室内にスタジオを設け、宮崎さんと進行役のフリーアナウンサー、広田優香子さんが「初デート」を想定した自前の衣装で登場。宮崎さんはリボンタイのついた黒のブラウスと赤のスカート、広田さんは青色のワンピースとサンダルでカメラの前に立ち、視聴者に「どうですか?」と呼び掛けた。2人は「恋愛していますか?」をテーマに、彼氏との楽しかった思い出や失恋のエピソードを語り合った。

 「Myお気に入り」紹介コーナーでは、宮崎さんが得意の料理メニューを披露。手製のドライカレーと「豆腐のチキンナゲット」を広田さんと共に試食した。同い年の女性同士ということもあり、スタジオには終始笑い声が絶えず、和やかな雰囲気の中で番組は進行した。同ビル内にあるアディダスオリジナルショップの店員、つばささんもゲスト出演した。

 同組合販促委員でもある宮崎さんは「番組を通じて、オーナーや店員の楽しいところが伝われば」と反響に期待を込めた。日谷潤販促副委員長は「1回目は900人ほどの人が見てくれたようで、手応えを感じている。各店舗が番組を活用して販促情報を流したり、通信販売をしたりすることもできるので、今後考えていきたい」と、内容の充実に思案を巡らせている。

 番組はPCやスマートフォンで視聴できる。同組合のコミュニティーサイト「タテマチつぶやきストリート」でも閲覧できる。

後援申請20141009