現代小説家80人のサイン本-県立図書館が展示

現代小説家80人のサイン本を展示

現代小説家80人のサイン本を展示

  •  
  •  

 石川県立図書館(金沢市本多町3、TEL076-223-9575)は11月24日より、現代小説家たち80人のサイン本20冊ずつを4回に分け、週替わりで展示する「現代小説家たちのサイン本展」を開催している。

 同展示は3階閲覧室で、11月24日~29日、12月1日~7日、同9日~14日、同15日~26日の4回に分けて行うもの。それぞれ20人のサイン本をショーケースの中に収めて展示する。興味があればサイン本と同じ本の貸し出しにも対応する。

[広告]

 併せて「日本のミステリの歴史120年」と題した推理小説の120年の歴史を4回に分けて振り返るロビー展示も行い、年代ごとに分けられたミステリーの代表作を展示している。東京創元社相談役でミステリ専門のネット書店「TRICK+TRAP」の店主でもある戸川安宣さん所蔵のコレクションから「江戸川乱歩直筆色紙」や、鮎川哲也らミステリ作家たちの「生原稿」などの貴重な展示品も紹介する。また、「もっと身近にミステリーに触れてもらいたい」(同展示担当者)という思いから「ミステリ検定」と銘打ったクイズも会場で挑戦できる。開催は12月26日まで。

 同館は1879年(明治12年)、前田家の蔵書3万余冊を中心に公開したのが始まりで歴史は古い。1912年(明治45年)から兼六園内の「時雨亭」横にあったが、増築できないなどの理由により1966年(昭和41年)、現在の場所へ移転した。開館時間は月曜~金曜9時~20時、土曜・日曜9時~17時。休館日は石川県立図書館カレンダーで確認のこと。

石川県立図書館現代小説家のサイン本展図書館カレンダー

  • はてなブックマークに追加