プレスリリース

賃貸住宅空室改善のプロフェッショナル「不動産経営改善士」全国で200人を突破!

リリース発行企業:株式会社クラスコ

情報提供:

クラスココンサルファーム(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:小村典弘、以下「クラスコ」)は、同社が運営する賃貸住宅の空室改善のための資格制度「不動産経営改善士」の取得者が全国で200人を突破し、2020年9月現在266名に到達したことをお知らせいたします。





【不動産経営改善士 資格概要】
不動産経営の改善に必要な知識とスキルを保有し、不動産賃貸オーナーに対し、一定以上の水準で提案を行えるスペシャリストに与えられる資格です。不動産経営を行なっているオーナーが安心して任せられる不動産経営改善のプロを育成し「オーナーに対して、適切で客観的な提案、賃貸経営に関するコンサルティングを行うこと」を役割としています。





【資格制度開始の背景】


日本の空き家率は13.6%(※)に達し、既存住宅活用が課題になっています。賃貸住宅のオーナーの中にも、入居者がなかなか決まらず空室に困られている方が多く存在しており、賃貸管理会社も物件を維持管理していくだけでなく、的確な空室改善提案を行なうスキルが求められています。そこで、クラスコでは全国の賃貸住宅オーナーが抱える空室の悩みを解決するために、2018年にオーナー相談窓口「満室の窓口」の全国FC展開をスタートしました。満室の窓口では、空室改善提案を的確に行なえるスタッフを育成する仕組みを整えており、階級に応じたカリキュラムを終えたスタッフへ「不動産経営改善士」という独自資格を与えています。信頼できるスタッフの証として、オーナーに安心して相談していただくための資格制度として運営しています。


※総務省統計局「住宅・土地統計調査」(2018年)





【階級と取得方法について】


初級・中級・上級・最上級と習熟度に応じた4つのステージが設定されています。「満室の窓口」へ加盟後、加盟企業へ提供される研修やeラーニングを受講することで資格取得が可能です。満室の窓口上級・最上級の取得については、空室改善の実績も必要です。





【今後の展望】


より多くの不動産経営改善士を育成し、全国のオーナーが安心して相談できるような仕組みを整えてまいります。

【詳細Webページ】
http://kaizenshi.jp/


----------------------------------------------------------

【会社概要】

<会社名>
株式会社クラスココンサルファーム

<代表者>
代表取締役社長 小村 典弘

<資本金>
1億6,710万円(グループ全体)

<所在地>
金沢本社
〒920-0024 石川県金沢市西念4-24-21
TEL 076-222-1111 FAX 076-264-9156

銀座オフィス
〒 104-0061 東京都中央区銀座5-14-5 光澤堂GINZAビル7F
TEL 03-6833-5500 FAX 03-6675-9004

<事業内容>
不動産会社向け経営・業務改善コンサルティング、ITシステムの開発・販売、マーケティングコンサルティング、セミナー開催、人材採用・育成コンサルティング

<URL>
http://consulting.crasco.jp/

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
後援申請20141009