プレスリリース

oviceがベネッセの通信制サポート校「Be高等学院」のバーチャルキャンパスに採用されました

リリース発行企業:oVice株式会社

情報提供:

oVice株式会社(本社:石川県七尾市、代表取締役CEO:ジョン・セーヒョン)は、株式会社ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)が、2025 年 4 月に開校する通信制サポート校「Be 高等学院」(https://gakuin.benesse.co.jp/)のバーチャルキャンパスに、当社が開発・展開するバーチャル空間「ovice(オヴィス)」が採用されたことをお知らせします。



◆「Be高等学院」の自分らしい学びをバーチャル空間でサポート
ベネッセが開校する「Be高等学院」の学習のスタイルは、キャンパスに週数回通う「通学スタイル」または在宅オンラインでコーチがサポートする「オンラインスタイル」のどちらかを選択可能です。この度、両スタイルで使用されるバーチャルキャンパスとして、当社が開発・提供する「ovice」が採用されました。
oviceはウェブ上で自分のアバターを自由に動かし、相手のアバターに近づけるだけですぐに話しかけられる2次元のバーチャル空間です。パソコンをインターネットに接続できる場所であれば、どこからでもすぐに利用でき、一緒にアクセスしている周囲の仲間の状況もひとめでわかります。自由度の高いバーチャル空間を提供することで、生徒の皆さんの自分らしい学びをサポートしていきます。
◆「Be高等学院」とは
ベネッセが開校する「Be高等学院」は、同社が初めて展開する通信制サポート校*です。ベネッセは、これまでに培ってきた「進研ゼミ」をはじめとした家庭学習における自学自習コンテンツや、「進研模試」などの学校向けアセスメントといった教育の商品・サービスにおけるリソースである「教材」「データ」「人」を活かして、教材の提供や個別指導・進路相談などの人的サポートを行い、通信制高校の卒業資格取得とその先の大学進学等の進路選択をサポートしていきます。
*:「通信制サポート校」とは、通信制高校に通う生徒さんに向け、卒業がスムーズにできるように単位取得に必要な学習や心情面での支援を行う民間の施設です。
詳細は、ベネッセが2024年4月17日に発表したプレスリリースをご確認ください。
「ベネッセコーポレーション初の通信制サポート校「Be 高等学院」を 2025 年 4 月に開校」
■URL: https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20240417_release.pdf

◆oviceとは?アバターを使い交流する2次元のバーチャルオフィス
oviceは、仲間の「今」の状況がわかり仕事のスピードが上がるバーチャルオフィスです。oviceを利用すると、職場の仲間がどこにいたとしても、「今」の状況が解像度高く可視化されるため、スムーズな連携が可能となります。2020年8月のサービス開始以降、幅広い業種、業界の企業でバーチャルオフィスとして利用が広がり、2023年4月末時点で約4,000社に導入されています。

◆教育機関・教育委員会向けプランがございます。詳しくはこちらをご覧ください。



◆会社概要
「今」の状況がわかり仕事のスピードが上がるバーチャルオフィス「ovice(オヴィス)」を開発・提供しています。oViceには、日本各地・海外(韓国、オーストラリア、チュニジア等)に居住する社員が在籍しており、基本的に全員がフルリモート(オフィス出社のない完全なリモートワーク)で勤務してきました。2024年2月、製品機能の改善に向けた実験などを行うため、半年間限定のリアルオフィス「ovice東京半年支店」を開設。東京近郊に居住する社員が通勤して勤務しています。
社 名 :oVice株式会社
所在地 :石川県七尾市本府中町エ113 B
代表者 :代表取締役CEO ジョン・セーヒョン
設 立 :2020年2月
URL :https://ovice.biz/3Vfq0ZU
事業内容:バーチャルオフィス、オンラインイベントで使えるバーチャルオフィスの開発・提供
無料トライアル:https://ovice.biz/3KGnhDZ

◆本件の問い合わせ先
oVice株式会社 広報
media@ovice.co

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース