プレスリリース

【キャンピングカーを使用した災害支援】令和6年能登半島地震被災地へ派遣したキャンピングカーの安心安全な使用のため、継続的な車両メンテナンス支援を実施

リリース発行企業:一般社団法人日本RV協会

情報提供:


一般社団法人日本RV協会(会長:荒木 賢治、所在地:神奈川県横浜市、略称:JRVA)は、令和6年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」に対して、石川県からの要請を受け、会員企業から集まったキャンピングカー60台を石川県珠洲市と輪島市に派遣しました。現在、派遣したキャンピングカーは、被災地で復興の中心となる自治体職員や全国からの応援職員の宿泊施設として活躍しています。

日本RV協会(JRVA)では、キャンピングカーをただ貸与するだけではなく、被災地で継続的に安心安全にキャンピングカーを利用して頂くため、「JRVA能登災害RVパーク村支援プロジェクト(以下:JRVA-N.R.S.P)」を発足しました。
これは日本RV協会の全国の地域部会から会員企業のスタッフを月に2回現地に派遣し、貸与中のキャンピングカーのメンテナンスを行うものです。

JRVA-N.R.S.Pでは、メンテナンスや使い方の説明を含めて継続的に支援できる体制をつくり、バッテリーの点検をはじめタイヤの空気圧などの点検及び修理をすることで、長い期間でも安心して安全にキャンピングカーを利用して頂けることを目的にしています。




JRVA能登災害RVパーク村支援プロジェクト(JRVA-N.R.S.P)の概要


目的:キャンピングカーの貸与だけでなく、メンテナンスや使い方の説明も含めて継続的に支援できる体制を作り、定期的に点検・修理を実行していく。また、メンテナンスに限らず使用者の立場になり、アンケートやヒヤリング等、声を聞いて課題・問題を洗い出し、今後の活動支援に役立てる。


場所:石川県珠洲市及び輪島市 

対象:日本RV協会より派遣したキャンピングカー

期間:キャンピングカーの派遣期間満了まで

頻度:珠洲市・輪島市それぞれ月に1度

なぜ災害時にキャンピングカーなのか。その有用性とは


キャンピングカーの使用目的は多岐にわたり、災害時における自治体職員、災害指令者や医療介護者の宿泊所、移動可能な避難シェルターなど、様々な用途で活用をされています。

キャンピングカーは、現地到着後にすぐに利用できる大きなメリットがあります。災害発生時には素早く行動する必要がありますが、キャンピングカーは移動が容易であり、余震を含む急な避難や立ち退きの際にも迅速に対応できます。また、車内はパーソナルスペースが確保されており、ストレスや緊張から解放され、落ち着いて過ごすことができるため心の安定を保つことができます。

その他、キャンピングカーは電気や水、ガスなどの生活に必要な設備を備えている為、災害時においても基本的な生活をすることが可能です。トイレやシャワーといった装備が整った車両であれば、衛生的な環境を維持しながら過ごすことができます。

また、キャンピングカーはフルフラットの就寝スペースを備えており、長時間同じ姿勢で過ごすことによる健康リスクを軽減する効果もあります。災害時には避難所での滞在が長期化することも考えられますが、キャンピングカー内で生活することで、エコノミー症候群の予防に役立ちます。

さらに、災害時に不可欠な情報収集のための通信も、キャンピングカーの電力を活用することができます。キャンピングカーはエンジン用のメインバッテリーと居住空間用のサブバッテリーを搭載しているため、電力供給の確保が可能です。これによって、通信手段を維持しながら避難生活を送ることができます。

以上のように、キャンピングカーは災害時において身の安全を守り、落ち着いて過ごすことができる生活環境を提供し、電力確保や通信手段の維持にも役立つ重要な存在となります。

被災地でキャンピングカーが活躍!その活用事例とは




令和6年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」では、1月5日に石川県からの要請を受け、会員企業に被災地派遣車両の募集を行い、1月11日より石川県珠洲市、輪島市への応援自治体職員の宿泊施設として、 キャンピングカー60台を派遣しました。被災地での宿泊場所の確保が難しい環境の中で、派遣したキャンピングカーは、全国からの応援職員の宿泊施設として活用されています。

東日本大震災では、キャンピングカーがボランティアの方々の宿泊や休憩の場、災害対策本部の会議スペースとして活用されました。

局地的な被害が大きかった熊本地震の際には、JRVAから提供されたキャンピングカーが被災者の生活支援に貢献しました。この際、医療用のキャンピングカーも用意され、医療現場での活動や支援が行われました。
また、キャンピングカーの特徴である空間の広さ、就寝スペースが確保できる点を活かし、遠方から数日かけて大量の物資を運んだ事例もあります。キャンピングカーの積載能力が有益に活用されました。

このように、キャンピングカーの災害時の使用目的は多岐にわたり、宿泊所や休憩拠点、移動可能な避難シェルターなど、被災者を支援する方々にも活用されています。

※令和6年能登半島地震における日本RV協会の支援状況についてはこちらからご覧いただけます。
https://www.jrva.com/noto-peninsula/

※その他具体的な活動の紹介についてはこちらからご覧いただけます。
https://prtimes.jp/story/detail/xzmvV2teZXB

※日本RV協会(JRVA)の「防災への取組」はこちらからご覧いただけます。
https://www.jrva.com/activity/disaster/

日本RV協会(JRVA)の防災に対する取組み


日本RV協会(JRVA)では、防災に対する積極的な取り組みを展開しており、その活動は多岐にわたります。定期的に、地方自治体が主催する防災フェアや全国のキャンピングカーショーに出展し、防災ブースを設置しています。ここでは、実際のキャンピングカーを展示し、車両の機能や利点を多くの人々に直接体験してもらう機会を提供し、キャンピングカーを活用した防災に関する啓蒙活動を行っています。さらに、「くるまの防災ハンドブック」の発行と配布も行い、ユーザーの防災意識を高めるために貢献しています。

また、この度日本RV協会(JRVA)は初の事例となる包括連携協定を宮城県栗原市と締結するなど、観光振興と災害対策に関する取り組みも行っているほか、日本RV協会(JRVA)の会員企業と自治体との間でも、災害協定の締結が盛んに進んでいます。これらの協定は、キャンピングカーの特性を活かし、災害発生時の支援や被災地の復興サポートに活用するためのものです。2023年12月時点で全国23件の災害協定が締結され、キャンピングカーを通じた災害対策の展開が広がっています。

※日本RV協会(JRVA)の「防災への取組」はこちらからご覧いただけます。
https://www.jrva.com/activity/disaster/

「一般社団法人日本RV協会(JRVA)」とは


日本RV協会 ロゴ
くるま旅と車中泊の文化を創出することを目的とし「日本にキャンピングカーというカルチャーを!」をテーマに、普及・市場の育成・環境整備の活動を行っているキャンピングカー製造・販売事業者等の会員で構成された団体です。
※JRVA(ジャルバ)は、日本RV協会の英文名称「JAPAN RECREATIONAL VEHICLE ASSOCIATION」の略称です。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

後援申請20141009
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース