プレスリリース

クラウド事業計画書Scheeme(スキーム)が起業準備をワンストップで行うことができる【起業クラウドScheeme】にバージョンアップ!

リリース発行企業:株式会社Dynave

情報提供:

株式会社Dynave(ダイナブ、石川県金沢市、代表取締役 杉守一樹)は、2019年12月11日より、事業計画書クラウドScheemeを事業計画書だけでなく起業準備を網羅的に効率化できる「起業クラウドScheeme」として機能追加し大幅なバージョンアップを行いました。 またバージョンアップに伴い、起業クラウドScheemeに掲載する「不動産会社」「内装デザイン会社」「仕入れ先業者」「機材/備品販売会社」等の事業者募集を開始致します。



起業クラウドScheeme(スキーム):https://scheeme.com/

今回のバージョンアップ内容
・サービスサイトの刷新
・新規機能の追加
・業者側Scheeme公開
・業者掲載キャンペーン開催


サービスサイトの刷新










新規機能の追加

起業時に必要な業者への見積もり依頼・コミュニケーション・見積もり回収をシームレスに行うことが出来る機能を実装致しました。尚、新規機能は一部のユーザーから進めており、利用可能ユーザーを随時追加していく予定です。

ポイント1.「業者検索/見積り依頼機能」
BtoC・BtoBに関わらず起業時には多くの業者から「商品の購入」「仕事依頼」をしなければいけません。しかし、働きながらの起業準備では時間がとれないことが多くあります。そこで、起業クラウドScheemeでは起業時に特に需要が高い業者を掲載しマッチングすることが出来る機能を追加致しました。



ポイント2.「メッセージ機能」
メッセージ機能により、各業者とのメール・電話といったコミュニケーションコストを削減。1つのプラットフォームに全ての業者が集うため、起業ユーザーは事業計画や集客戦略立案などに専念することができます。


ポイント3.「ライブラリ機能」
ライブラリ機能により起業ユーザーは、起業時に複数の見積書回収によりどれが最新の見積もりかわからず煩雑になるといったリスクを回避することができます。




業者側Scheeme公開

起業クラウドScheemeに掲載する業者カテゴリは、不動産会社・内装デザイン会社・仕入業者/問屋/ディーラー・機材/備品販売会社の4つの業種を想定しており、バージョンアップに際して起業ユーザーと起業時に依頼しなくてはいけない「不動産会社」「内装デザイン会社」「仕入れ先業者」「機材/備品販売会社」等の掲載業者の募集を開始いたします。

業者側の機能とインターフェース
1. 「業者側ダッシュボード」
掲載業者側が必要な業務とユーザーコミュニケーションのコストを最小限に抑えるUIUXを設計。


2. 「メッセージ機能」
メッセージ機能により、起業ユーザーとのコミュニケーションを円滑に進めることができます。


3. 「見積もりアップロード機能」
掲載業者がアップロードした見積書は、起業ユーザー側のライブラリに保管されるようになっています。業者側の見積書のバージョン管理もカンタンに行うことができます。




業者掲載キャンペーン開催

2019年12月9日から2020年3月31日のキャンペーン期間中にお申し込み頂いた業者様に関して6ヶ月間の月額掲載料・リード紹介料/成果報酬を無料にて提供いたします。ご希望の方は、下記のフォームよりお申し込みくださいませ。

掲載申込みフォームURL : https://scheeme.com/news/66/


【サービス概要】


URL : https://scheeme.com/
名称:起業クラウドScheeme(スキーム)
概要:クラウド上で起業準備をワンストップで行うことができるWebサービス

【メディアサイト概要】


URL : https://scheeme.com/mag/
名称:起業メディア - スキームマグ
概要:事業計画書のテンプレートや書き方など創業/独立/融資に役立つ情報サイト

【会社概要】
会社名:株式会社Dynave(ダイナブ)
所在地:石川県金沢市武蔵町14-31 ITビジネスプラザ武蔵502
設立日:2016年9月1日
代表者:杉守 一樹
事業内容:起業クラウドScheemeの開発・運営

  • はてなブックマークに追加