学ぶ・知る

三谷産業が子ども向けラボ開設 最新テクノロジー提供でチャレンジをサポート

子どもたちが利用する様子(ミミミラボ提供)

子どもたちが利用する様子(ミミミラボ提供)

  • 3

  •  

 三谷産業(金沢市玉川町1)が7月28日、「ミミミラボ(三谷産業みんなの未来創造室)」(芳斉町1)をオープンした。

【VRで読む】芳斉町で子どもたちのチャレンジをサポートする「ミミミラボ」

[広告]

 同ラボは、子どもたちが最新テクノロジーに触れながら創造的な活動に取り組める施設。全国でテクノロジー教育の普及活動を推進するNPO法人「みんなのコード」(東京都渋谷区)と共同で運営する。複合商社としてさまざまな事業を展開する同社が創業の地への地域貢献の一環として、将来を支える子どもたちの成長支援に携わりたいと同ラボを開設した。

 施設内は、2階と3階がラボで、プログラミングや映像編集、グラフィックソフトが入ったパソコンやタブレットのほか、3Dプリンタやレーザー加工機、楽曲制作ができる設備などがそろう。地元の大学生などが「メンター(助言者役)」として常駐。利用する子どもたちをサポートする。子どもたちの分からないことにメンターがアドバイスしながら、お互いに楽しんでデジタルなものづくりを行っているという。

 利用対象は、10歳から18歳。誰でも無料で利用でき、開館中であれば何時間でも滞在できる。利用には、予約サイト(ホームページ)から事前に申し込みが必要で、定員は20人とする。

 現在は、夏休み期間中ということもあり現在は小中学生の利用が多いが、館長の鮒池涼香さんは「今後は高校生向けのイベントを企画するなどして、もっと上の世代への利用促進を図りたい」と話す。子どもたちが主体となってものづくりを行いさまざまな企業とコラボレーションして社会に提案することを念頭に置いた後押しもしていく予定だという。

 鮒池さんは「ここでは回りを気にすることなく、やりたいことが何でも自由にできる。気軽に新しいテクノロジーに触れることで、自分の好きなことや打ち込めるものを見つけてもらえれば」と呼び掛ける。

 開館時間は、水曜・土曜=13時~18時、木曜・金曜=15時30分~21時。

後援申請20141009
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース