石川県立美術館に辻口博啓さんプロデュースのカフェ新店

窓からの緑もごちそう「ル ミュゼ ド アッシュKANAZAWA」

窓からの緑もごちそう「ル ミュゼ ド アッシュKANAZAWA」

  •  
  •  

 パティシエ・辻口博啓さんがプロデュースするカフェ「ル ミュゼ ド アッシュKANAZAWA」(金沢市出羽町2、TEL076-204-6100)が9月20日、リニューアルした石川県立美術館内にオープンした。

 スイーツと玉露が堪能できる茶室など「和をもって世界を制す」をコンセプトに新しいスイーツのスタイルを実現した同ブランドのカフェは、辻口さんの出身地石川県七尾市の店舗に続き2店目。地産地消にこだわり、地場の食材を使ったケーキなど約100点を提供する。「石川の食材に敬愛の念を持って菓子作りをしたい」(辻口さん)と、輪島産の発芽玄米やのとミルク、加賀棒茶などを使ったスイーツは、ほとんどが金沢店だけの限定メニュー。

[広告]

 同店からは、金沢・本多の森のいきいきとした緑がパノラマで楽しめ、癒しの空間としても心地よく、美術館を巡った後にリラックスする利用客も多い。テークアウトコーナーにも地場の食材を使った焼き菓子が所狭しと並び、能登のアオサ(海藻)を使ったクッキーや、能登大納言の餡をたっぷり入れた「加賀棒茶ロール」などのユニークな商品は金沢土産としても人気が高い。

 営業時間10時~18時30分(ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加