天気予報

3

-1

みん経トピックス

金沢で働き方改革の実践報告金沢にクロワッサン看板新店

金沢で地元クリエーターによる年賀状展 石川県の特色をデザインした36種類

金沢で地元クリエーターによる年賀状展 石川県の特色をデザインした36種類

コニーズアイで展示中の「ISHIKAWA年賀状」

写真を拡大 地図を拡大

 金沢のギャラリーショップ&カフェ「コニーズアイ」(金沢市武蔵町、TEL 076-204-8431)で11月17日、企画展「ISHIKAWA年賀状展2018」が始まった。

【パノラマVR】コニーズアイで開催中の「ISHIKAWA年賀状展2018」

 県内を拠点に活動するクリエーターによる「石川県の特色が表現された地産地消のデザイン」の年賀状を販売する「ISHIKAWA年賀状」。企画提案サービスなどを行う「アクセス金沢」(御影町)が「地元の方々に楽しんでもらえる、どこか石川県を感じる年賀状を作ろう」と2011年にスタートし、今年で8回目を数える。

 今回は、デザイナー、イラストレーター、クラフト作家、デザインやイラストを勉強する学生など36人が参加。それぞれ趣向を凝らし、兼六園や石川門、鼓門、尾山神社、白山など県内の名所、加賀八幡起き上がりや加賀手まり、金沢和傘など地元の伝統工芸、来年のえとである戌(いぬ)などを取り入れた個性豊かな年賀状がそろった。

 同社のウェブサイトのほか県内の雑貨店や書店で販売し、同ギャラリーでは2階の展示スペースで全36種類を展示、販売(3枚入り490円)する。

 「毎年楽しみにされている方が多く、11月に入ると『今年はいつからですか』と尋ねる方もいる」と同ギャラリー代表の小西師博さん。「今回は、戌をモチーフにしたかわいらしいものからシンプルなタイプ、凝ったデザインのものなど多彩な年賀状がそろっている。仕事用、友達用など好みや目的に合わせて選んでいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~18時。月曜・火曜定休(祝日は営業)。入場無料。12月30日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

金沢で展覧会「写真的曖昧」 若手作家らが写真には写らない感情などを表現。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング