天気予報

32

25

みん経トピックス

九谷焼で限定「金沢カレー」金沢で池田学さん絵画展覧会

金沢の老舗和菓子店がリニューアル カフェ併設、出来たて和菓子を提供

金沢の老舗和菓子店がリニューアル カフェ併設、出来たて和菓子を提供

老舗和菓子店「村上」マネジャーの村上麻希子さん

写真を拡大 地図を拡大

 金沢の老舗和菓子店「村上 本社店」(金沢市泉本町1、TEL 076-242-1411)が3月16日、リニューアルオープンした。

【パノラマVR】カフェを併設してリニューアルした和菓子「村上」

 1911(明治44)年に創業した同店。敷地内の工場で作られる和菓子を店内で販売する。今回のリニューアルで新たにカフェスペース「菓ふぇ MURAKAMI」を併設。カウンター6席、テーブル席20席を設け、和菓子を店内でゆっくりと味わうことができる。

 カフェスペースからは工房の様子もうかがえる。看板メニューの「和風パンケーキ」(950円~)はどら焼きと同じ原料に提供直前に泡立てたメレンゲを加えてふんわりと焼き上げ、「わらび餅(お茶付き)」(850円)は注文を受けてから練り始めるなど、出来たての和菓子を味わえるのが「売り」だという。

 製餡(せいあん)所も併設しており、あんこにもこだわる。同店マネジャーの村上麻希子さんは「製餡所を設けている和菓子店は少ない」といい、「豆からしっかりとたき、皮を丁寧に取り除いたこしあんも、3日間じっくりと蜜を吸わせた粒あんも、創業以来変わらない製法で作る自慢の一品」と話す。

 今回、カフェメニューを考案する上で「今の時代は味はもちろん、SNS映えするような見た目の美しさも必要と考えた。テーブルに運んだ時に感動や驚きも提供できる盛り付けに工夫を凝らした」という。和菓子を食べる機会がないという人にも食べてもらえるように「洋の要素を加えた和菓子の開発」にも力を入れる。

 村上さんは「カフェの併設で和菓子を身近に感じていただけるきっかけになれば。ゆったりとした空間でくつろぎながら、和菓子を楽しんでほしい」と来店を呼び掛ける。

 今後は店内でワークショップも開催。第1弾として「スイーツ写真講座」を4月28日、18時から開く。定員は20人。参加費は1,000円(和のデザートとお茶付き)。問い合わせは同店まで。

 営業時間は8時45分~18時。カフェスペースは10時~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

西金沢駅前で「西金プリンスロードまつり」 地元アイドルグループ多数出演。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング