見る・遊ぶ

金沢で箱テーマの作品展「うつしかえ」 ドローイング・図面・模型を展示

「しくみの内側のしくみ2」

「しくみの内側のしくみ2」

  •  
  •  

 金沢・犀川大橋近くのギャラリー「ガレリアポンテ」(金沢市野町1、TEL 076-244-6229)で8月6日、コイズミアヤ展「うつしかえ」が始まる。

コイズミアヤ展「うつしかえ」展示作品

 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒、新潟在住の現代アート作家、コイズミアヤさんの金沢初個展。あやとりひもの経路をドローイングし立体模型に起こす作品、隣接するかたちを移し替えていく「箱」作品を展示する。

[広告]

 コイズミさんは「ものを異なる表れに換える作業について考えたときに、楽譜を見ながらピアノで演奏することも、私の興味をテキストに書き起こすことも、『うつしかえ』と考えることができる」という。「ものを異なる表れに換えるために異なる方法を用いることは、違う制約や価値を持つ場所に移転することのように思える」とも。

 展示するのは、木・方眼紙・厚紙で制作した作品「Loop_かめのこ」、組み合わさった9個の木箱「重なる箱2」、木とピアノ線で表現した作品「しくみの内側のしくみ II 」、「隣の部屋_書庫」など。

 同ギャラリー店主の本山陽子さんは「見えないものを見えるようにする幽(かす)かな差異を生み出すなど、作家の創造性を垣間見る度にハッとさせられることがある。今回の展示もそんな新しい視点や感じ方を得られるユニークな作品や映像作品が多数展示されているので、ぜひお立ち寄りいただけたら」と来店を呼び掛ける。

  開催時間は11時~18時。水曜定休、8月13日・14日盆休み。今月21日まで。

  • はてなブックマークに追加