食べる

しいのき迎賓館で「ワイン金沢2016」 市内の酒屋6店が約2,000本用意

昨年のワイン金沢の様子

昨年のワイン金沢の様子

  •  
  •  

 金沢市のしいのき迎賓館(金沢市広坂2、TEL 076-261-1111)で5月15日、「ワイン金沢2016」が開催される。

「ワイン金沢」昨年の様子

 「食とワインの祭典」として、2012年から毎年開催されている同イベント。今回も市内6店舗の酒屋がワインを提供し、35人のソムリエを含む40~50人のボランティアがサービスに携わる。提供するワインは酒屋とソムリエが相談して選考し、350種類を2000本用意する予定。

[広告]

 5回目の開催となる今回は、目玉の一つとして金沢市内の人気店同士が2店1組となり、その日限りのコラボ出店を行う。コラボ出店する店は過去の開催でも出店実績がある店も多く、店同士でも出身校が同じだったり、親戚であったりと横のつながりも多かった。開催に関して「毎年同じことをしていてもつまらない。何か新しいサプライズができたら」と考えていた主催者側が、各店にコラボ企画を持ち掛け、「夢のお店」の実現に至ったという。

 コラボ出店するのは、イタリア料理店「Golosetto(ゴロゼット)」(香林坊2)とフランス料理店「L’OSTAL(ロスタル)」(安江町)、フランス料理店「tawara」(片町2)と日本料理店「南山」(片町2)、焼き肉店「有牛」(三池栄町)と欧風バル「ランタン」(本町2)など別ジャンルのタッグも多い。各店の自慢の一品はもちろん、合作による今回だけのオリジナルメニューも用意するという。

 そのほか、焼き鳥店「ちょう吉」(東山1)や和食創作料理「PLAT HOME」(彦三町1)、中国料理店「麟」(寺町3)などさまざまなジャンルの飲食店が8店、洋菓子店「サンニコラ」(野々市市扇が丘)やピザ「サリーナ」(窪)など、軽食やデザートを扱う8店が出店する。

 会場では、和太鼓の「壱刻壱響団」、マジックの「リバー」、アカペラ「ひだまり」など8組がパフォーマンスを披露し、イベントを盛り上げる。

 開催時間は11時~19時。入場チケットは、前売り券=3,000円(200円券×15枚、ワイングラスチケット付)、当日券=3,000円(同)、ワイングラス代300円別途必要。前売り券の販売場所は公式サイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加