食べる

金沢市役所近くに「金澤カレー」店 地元食材や企業と提携、金沢らしさ追求

金沢らしさを追求して生まれた新たな「金澤カレー」

金沢らしさを追求して生まれた新たな「金澤カレー」

  •  
  •  

 金沢市役所近くに12月7日、「金澤ななほしカレー」(金沢市広坂1、TEL 076-232-5707)がオープンした。

【パノラマ】店内を見る

 毎日食べても健康でいられる、女性らしさを兼ね備えた粋なカレーを提供する同店。店舗面積は約66平方メートル。内装はおしゃれで女性が入りやすい雰囲気となっており、店内にはテーブル23席とカウンター7席を設ける。

[広告]

 提供するのは金沢カレーを「さらに金沢らしく洗練した金澤カレー」。砂糖や小麦粉を使わないことで胃もたれせず、爽やかな後味を楽しめるのが特徴となっている。「天狗中田本店」(新竪町3)や「直源醤油」(大野町1)など県内企業の食材をカレーやサイドメニューなどに取り入れる。

 カレーは「チキンカレー」(800円)、「ビーフカレー」(1,000円)など単品でも注文できるが、「金澤ななほしカレーセット」(1,000円~)を注文するのが「おすすめ」。セットにはカレーとトッピング2種、ナッツミルクスープ、県内産のゆず酢やしょうゆなどを使った和風ピクルス、デザートが付く。カレーには含まれていないフレッシュなビタミンや乳酸菌、酵素などをデザートから摂取できるよう計算されている。

 同店の西橋俊光さんは「おしゃれで華やか、いろいろな文化や伝統が混じり合うのが金沢らしさと考える。栄養バランスを重視したり、伝統や新しさを提案したりする企業とカレーを融合させることで地元全体を盛り上げたい」と話す。「新たな金沢カレーとして、まずは地元に愛される店を目指したい。毎日食べても健康でいられるカレーをぜひ味わっていただければ」とも。

 営業時間は、11時~15時、17時~19時30分。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009