食べる

金沢にから揚げ専門店 「金沢から揚げ」「中津から揚げ」を看板に

店主の畑邊さん。希望があればマスク姿での記念撮影も。

店主の畑邊さん。希望があればマスク姿での記念撮影も。

  •  
  •  

 金沢駅・兼六園口の金沢駅通り沿いに8月18日、鶏のから揚げ専門店「Karaage83」(金沢市安江町、TEL 076-205-6252)がオープンした。

【パノラマ】 店内や周辺の様子

 元祖「金沢から揚げ」の店として人気の同店。6月まで営業していた近江町の店から移転した。店内にはカウンター9席のイートインスペースを設け、揚げたてを店内で味わうことができるほか、テークアウトにも対応する。

[広告]

 看板メニューのから揚げは、「元祖 金沢から揚げ」と「本場の味 中津から揚げ」(以上630円)の2種。「金沢から揚げ」は、揚げたてのから揚げに、金沢のしょうゆを使った秘伝のしょうゆタレをからめたもの。「中津から揚げ」は、しょうゆやにんにく、スパイスを合わせたタレに10時間以上漬け込んだ肉を揚げる。店主・畑邊浩二さんの故郷である大分県・中津のから揚げ店のレシピを受け継いだ。1人前には、大きめにカットした国産鶏もも肉を4個(約250グラム)使用する。

 ランチメニューは、から揚げ定食各種(880円~)や、大分のB級グルメ「日田焼きそば」(700円)、日替わり定食を用意。定食は、金沢の契約農家から仕入れるコシヒカリのご飯が食べ放題となる。夜は、から揚げバーとして、生ビール、ハイボール(以上500円)などのアルコールも提供する。

 店主の畑邊さんは大分県出身で、16年前に金沢へ移り住んだ。人気ラーメン店で修業後、片町にのれん分けでラーメン店を開業。そこで不定期に提供するから揚げが好評だったこともあり、「金沢の人においしいから揚げを食べてほしい」との思いから、4年前に近江町にから揚げが看板メニューの弁当店をオープンした。

 畑邊さんは「金沢・中津どちらも自信の商品。金沢のから揚げといえば『この店』と指名していただけるような愛される店になれば」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時~14時30分、夜=17時~21時30分ごろ。今後は弁当の販売も予定する。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009