3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

「ドラえもん」と金沢銘菓・伝統工芸がコラボ-老舗九谷焼窯元が発売

ドラえもんと金沢銘菓のコラボ商品

ドラえもんと金沢銘菓のコラボ商品

  •  
  •  

 金沢の九谷焼窯元「鏑木」(金沢市長町1、TEL 076-221-6666)が3月14日、人気キャラクター「ドラえもん」と金沢銘菓・伝統工芸品をコラボした商品を発売した。

商品と店内をパノラマで見る

 「ドラえもん 百万石おもてなしコレクション」と名付けられた同シリーズ。「金沢銘菓とミニ風呂敷セット」5種(各1,836円)、「マグカップ」(2,916円)、「一段重」(3,888円)、「あぶらとり紙」(540円)の8商品を展開する。パッケージや商品に人気キャラクター「ドラえもん」をあしらったデザインが施されているのが特徴。

[広告]

 北陸新幹線開業に向けて同社が土産品の開発を検討していたところ、ドラえもんの版権元からキャラクター商品開発の実績があった同社へオファーがあり、商品化が実現したという。

 「金沢銘菓とミニ風呂敷セット」では、金沢を代表する和菓子店5店の商品とコラボした。「中田屋」(元町)の「きんつば」、「うら田」(御影町)の「愛香菓」、「俵屋」(小橋町)の「つぶあめ」には、ドラえもんがデザインされた包装紙やパッケージを使用。「柴舟小出」(いなほ)の「三作せんべい」には、武将の格好をしたドラえもんの焼き印が押され、諸江屋(野町)の「La・KuGaN」は、ココア味の落雁(らくがん)をドラえもんの鈴の形をモチーフにした。それぞれ、35センチメートル角にドラえもんと鈴がデザインされた1,400円相当の加賀友禅ミニ風呂敷とセットで販売する。

 「キャラクターと銘菓・伝統工芸品の互いのイメージを壊さずに、強調できるデザインにするのに苦労した。例えばマグカップは、九谷焼の石畳文と呼ばれる模様の中にさりげなくドラえもんを描き、両者がうまく融合したデザインとなった」と同社の鏑木啓右さん。「幅広い世代に人気のキャラクターとコラボすることにより、県外からの観光客にも金沢の銘菓と伝統工芸品を知ってもらうきっかけになれば。伝統工芸品に興味のなかった人にも手に取ってもらえたらうれしい」と期待を寄せる。

 金沢市長町の直営店「鏑木商舗」を始め、JR金沢駅構内「あんと」の「百番銘菓」、百貨店「めいてつ・エムザ」の「黒門小路」、小松空港で販売する。

Stay at Home
後援申請20141009