食べる

金沢にデリカとパンの新店「シエル・エ・メール」-バランス良い食生活を提案

共同代表の是清さんと村田さん

共同代表の是清さんと村田さん

  •  
  •  

 金沢市諸江町に12月15日、カフェスペースを併設するデリカとパンの店「シエル・エ・メール」(金沢市諸江町下丁、TEL 076-255-3384)がオープンした。

デリカとパンの店「シエル・エ・メール」店内をパノラマで見る

 店内にはパンやデリカの販売コーナーに加え、イートイン可能な17席のカフェスペースを備える。カフェスペースでは、購入したパンやデリカと合わせてオリジナルブレンドコーヒーなどのドリンクを楽しむことができる。

[広告]

 同店は是清靖枝さんと村田奈穂さんの共同経営。「主人の仕事関係で自宅に人が集まることが多かった。来客者にコーヒーをふるまったり、話をしたりするのがとても楽しく、いつか自分でカフェを開きたいと思っていた」と是清さん。カフェの開業を計画していたところ、知り合いの大阪のパン店で修業中だった村田さんに声を掛け、共同で出店することを決めたという。是清さんはデリカの製造とカフェの運営を担当する。

 村田さんが作る同店のパンは、北海道産小麦を100%使用し添加物を使わない。石川県内の野菜を生産者から直接仕入れるなど地元産食材の利用にも積極的に取り組む。村田さんは「子どもからお年寄りまで安心して食べていただけるよう心掛けている。今後は地元産野菜を使ったパンやスイーツも増やしていきたい」と話す。

 店内には常時40種類のパンと6種類のデリカが並べられ、オープンして間もないがすでに常連客も多いという。中でも人気のパンは、赤ワインといちじくのフランスパンに発酵バターをサンドした「いちじくと発酵バター」(150円)や、ラムレーズンの入ったフランスパンにクリームチーズをサンドした「ラムレーズンパン」(250円)。ハードパンが多いが、子どもでも食べられるように硬すぎないのが特長。

 是清さんは「パンだけでなくサラダなどのおかずも一緒に味わってほしい。通常のパン店ではおかずまでなかなか手が回らないことが多いが、共同経営の強みを生かし栄養バランスの良い食生活を提案できれば」と話す。

 営業時間は7時30分~19時。日曜定休。日替わりで朝食やランチプレート(ドリンク付きパン別、500円~)を用意するほか、弁当予約やオードブル注文も受け付ける。