見る・遊ぶ

妊婦のおなかに描く「ベリーペイント」、金沢で唯一の認定アーティストが活動開始

西村さんによって描かれたベリーペイント

西村さんによって描かれたベリーペイント

  •  
  •  

 妊娠の記念に妊婦のおなかに絵を描く「ベリーペイント」の活動を、金沢在住のベリーペイントアーティスト・西村美穂さんが始めた。

妊婦に「ベリーペイント」を描く様子

 ベリーペイントは生まれてくる赤ちゃんの健康と幸せを願い、妊婦のおなかに描いてもらうアートで、マライヤ・キャリーがちょうのペイントを施したことなどでも世界的に知られている。ペイントを描くことができるのは妊娠中の中でも、おなかが大きくなる後半のみ。

[広告]

 使う絵の具はボディーペイント用の水性で、描くための所要時間はデザインにより異なるが平均1時間ほど。ソファに座ったり、横になったりするなどリラックスした体勢で描く。デザインや色使いは妊婦のリクエストに応じ、事前の打ち合わせを重ねて決めていく。

 ベリーペイントを描くための資格は必要ではないが、西村さんは日本ベリーペイント協会の「ベリーペイント認定講座」を受講し、絵の具の使い方、筆のテクニック、スポンジを使った描き方、ペイント中の雰囲気作りなどを学んだ。金沢では唯一の認定者となる。

 幼いころから絵を描くのが好きだったという西村さん。プロの画家にはなれなかったが、自身の結婚・出産を経てベリーペイントに出合った。「妊婦さんに安心してもらえるような技術と、リラックスしてもらう雰囲気づくりを心掛けている。立体に描くだけでも難しい上、胎動を感じながら描くことに初めは驚いた」と話す。今後の活動について、「妊娠期間を楽しむため、より多くの人に『ベリーペイント』を知ってもらいたい。思い出作りのサポートができれば」と話す。

 料金は7,000円~1万3,000円(デザインにより異なる)。写真スタジオでプロのフォトグラファーによる撮影は1万円程度の追加料金で応じる。出張でのペイントも受け付ける。問い合わせは西村さんの「atelier HAPIA」のサイトで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加