見る・遊ぶ

金沢美大の女子学生2人が立ち上げたテキスタイルブランドが初の個展

「Sim Sum」のタペストリー

「Sim Sum」のタペストリー

  •  
  •  

 金沢のギャラリーショップ&カフェ「コニーズアイ」(金沢市武蔵町、TEL 076-204-8431)で現在、金沢の美大生が立ち上げたテキスタイルブランド「Sim Sum(シムサム)」の個展が開催されている。

「Sim Sum~すみれをモチーフとしたテキスタイルの提案」の会場風景

 同ブランドを立ち上げたのは、金沢美術工芸大学で環境デザインを専攻する2年生の岡田春香さんと中村友紀さん。ブランド名の「Sim Sum(シムサム)」は、「Simple(シンプル)」「Simasima(シマシマ)」「Sumire(スミレ)」などの言葉遊びから名付けた。スミレの花言葉「小さな幸せ」をヒントに、女性が日常生活で見つけたくなるような「小さな幸せ」や「ちょっとしたぜいたく」をイメージし、昨年11月から制作活動を続けてきた。

[広告]

 ブランド立ち上げ以来、初個展となる同展では、テキスタイルを使ったインテリアイメージとグラフィックを使ったコスメレーベルを紹介する。会場には、スミレの花をモチーフとしたタペストリー・ランチョンマット・コースター・バッグ・クッションなどのテキスタイルと、コスメグッズのパッケージやボトルケースなど約50点を並べる。販売は行わない。

 今後の活動について、中村さんは「一人暮らしの女性が『自分へのごほうびに使ってみたい』と思うようなブランドを目指したい。私たちのブランドに興味を持っていただければ」と期待を寄せる。

 営業時間は11時~18時。月曜・火曜定休(祝日は営業)。3月4日まで。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009