見る・遊ぶ

金沢で「桜」をキーワードに新イベント-しいのき迎賓館1周年記念で

先行開催されている織作峰子さんの写真展

先行開催されている織作峰子さんの写真展

  •  
  •  

 しいのき迎賓館(金沢市広坂2、TEL076-261-1111)と周辺施設で4月9日・10日、同館開館1周年を記念したイベント「兼六園周辺文化の森 さくらめぐり」が開催される。桜をキーワードに、コンサートや屋外カフェ、トークショー、クラフトフェアなど多彩な催しを繰り広げ、売り上げの一部を東日本大震災の被災地に義援金として送る。

4月10日に1周年を迎えるしいのき迎賓館

 同館は旧石川県庁本庁舎を改築し、昨年4月10日にオープン。街中でのにぎわい創出を目指し、展覧会や演奏会、映画祭など各種イベントを開催してきた。館内にはフランス料理店やカフェ、石川の工芸品を並べるセレクトショップもあり、4月4日までの来館者数は約81万9,800人に上っている。

[広告]

 「さくらめぐり」は花見シーズンに合わせて、街中から兼六園周辺にかけての一帯を盛り上げる催しを作りたいとの思いから企画された。同館では来年以降も開催し、2014年度末に予定されている北陸新幹線金沢開業までに定着させたいとしている。

 コンサートの出演者は、9日に金沢と富山で先行上映される映画「TAKAMINE~アメリカに桜を咲かせた男~」のテーマ曲「SAKURA SAKURA~幸せの架け橋~」を歌う白井貴子さん、国内外で活躍する白山市の「?(ほのお)太鼓」ら9組。披露する楽曲には、被災者に対する応援メッセージも込める。石川県立伝統産業工芸館(兼六町)、本多の森公園(出羽町、石引、本多町)に設けたステージには、このうち金沢大学モダンジャズソサエティなどが登場する。

 各会場に屋外カフェも設ける。「カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ」や七尾市出身の有名パティシエ辻口博啓さんが経営する「ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA」、「サケショップ福光屋」、タリーズコーヒーなどが出店し、さくらのロールケーキや「さくら紅茶」、ロゼワインなどを販売する。

 10日13時30分からのトークショーでは、小松市出身の写真家、織作峰子さんと辻口さんが「さくらの力」をテーマに意見を交わす。クラフトフェアは「乙女の金沢 春ららら市」と銘打ち、春にぴったりの雑貨や器、桜にまつわる古本、見た目もかわいらしいパン、菓子などを並べる。

 会場で募金した人には花型のシールを渡し、被災者に対する励ましの言葉を書いてもらう。シールは同迎賓館の壁面ガラスに張り、チャリティーの花を満開にさせる計画だ。3月29日からは、織作さんの写真展が同館で先行開催されており、来場者は被災地の福島県や奈良県吉野、京都市の高台寺などで撮影されたあでやかな桜の写真に見入っている。同展は今月13日まで。

 「さくらめぐり」の一連の行事はすべて入場無料。

  • はてなブックマークに追加