地方発の「べっぴん」情報で女性を元気に-女性起業家グループが塾発足

「城下町べっぴん塾」の発足記念イベントで行われたメークアップショーの様子

「城下町べっぴん塾」の発足記念イベントで行われたメークアップショーの様子

  •  
  •  

 石川県と富山県の女性起業家によるグループ「城下町べっぴん塾」が10月9日、ANAクラウンプラザホテル金沢(金沢市昭和町)で発足記念イベントを開催した。

「城下町べっぴん塾」メンバー(後方4人)と記念イベントに招いた講師の皆さん

 北陸で頑張る女性のために、土地の暮らしに合った美や健康に関する情報を提供し交換の場を創出することで、さらに美しく元気に輝く「べっぴん」女性を目指そうと呼びかる同グループ。発足当初のメンバー5人は、美や健康、食の分野で意気投合した金沢市、加賀市、高岡市の女性起業家で、彼女らがベースとする街が共通して「城下町」であることから名付けた。「キレイになる=元気になる=社会を元気にする」を信条に、さまざまなイベントや勉強会を企画する。

[広告]

 代表は、ピープデザイン看板、金沢ゾンタクラブ会長の坂矢ひろ美さん。メンバーには、アルティスタNOBILITA社長の小林みずほさん、スパーテル社長の橋本昌子さん、手作りクッキー「ポインセチア」の岡田陽子さん、ジュニア野菜ソムリエで食生活アドバイザーの和多利智絵さんが名を連ねる。

 第1弾の同イベントには、メンバーのほか趣旨に賛同する約60人が参加。「秋の変身ワザ&夏肌ダメージ回復」をテーマに、安全・安心の天然素材を用いたミネラルコスメで、アンジェリーナ・ジョリーなどハリウッドのセレブから口コミで広まった天然素材化粧品「ジェーン・アイルデール」を使ったメークアップショーや、アンチエイジングコンサルタントが監修した「体をキレイに導く軽食」を囲んでライトパーティーが行われた。参加者は、体に良い食材選びのほか、ビタミンや鉄分、食品の酸化に注意し調理された料理に関心を寄せた。

 次回は「冷え解消で北陸美人、冬美人」をテーマにしたフォーラム(11月28日)を予定。金沢医科大学の医師・赤澤純代さんが「女性の美と冷えの関係」と題した講演を行うほか、ヤマト醤油味噌社長の山本晴一さんと四十萬谷本舗取締役でシニア野菜ソムリエの四十万谷直美さんを交えた交流会も開く。開催は13時~。定員は100人で、参加費は3,000円)。

 同メンバーの和多利さんは「女性起業家グループは全国、世界的にも多いが、北陸ならではの気候や生活スタイルに合った食や美にスポットを当てた情報を発信したい」と話す。

 問い合わせと申し込みは代表の坂矢さん(TEL 0761-74-8825)まで。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009