金沢21世紀美術館で夏休み恒例「こども映画教室」-「人間アニメ」制作も

昨年の「こども映画教室」(初等クラス)の様子

昨年の「こども映画教室」(初等クラス)の様子

  •  
  •  

 金沢コミュニティシネマが主催する「こども映画教室」が8月8日・9日、金沢21世紀美術館(金沢市広坂1)で開催される。

「こども映画教室」の様子

 同教室は、小学生に映画に親しんでもらおうと2004年にスタート。毎年、夏休みと春休みの時期に開催しており、リピーター参加者も多いという。

[広告]

 今回は「初等クラス」として、工作を通じて参加者に映画の原点を体験してもらう。8日は、世界で最初に制作された映画を鑑賞した後、止まっている絵が動き出す原理を簡単な工作を通して学ぶ。9日は参加者の体を使って「人間のこまどりアニメ」を制作・上映し、楽しみながらアニメの仕組みを探る。

 金沢コミュニティシネマの事務局を務める上野克さんは「身の回りにさまざまなメディアが増えているが、映画教室を通して子どもたちに映画を好きになってもらえれば」と話す。

 対象は小学生で、定員は30人。時間は両日とも10時~12時30分。料金は2日間通しで3,000円(兄弟姉妹での参加は2人目から2,500円)。

 申し込み・問い合わせはシネモンド内事務局(香林坊2、TEL 076-220-5007)まで。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009