天気予報

32

26

みん経トピックス

金沢で「信楽焼」親子展金沢21世紀美術館でシンポ

海の厄介者「エチゼンクラゲ」で新メニュー-金沢の中華料理店が考案

  • 0
海の厄介者「エチゼンクラゲ」で新メニュー-金沢の中華料理店が考案

菜香樓のエチゼンクラゲを使ったしゃぶしゃぶ

写真を拡大 地図を拡大

 金沢の中国料理店「菜香樓(さいこうろう)」(金沢市西念、TEL 076-265-8668)が昨年12月、「エチゼンクラゲ」を活用したメニューを開発し注目を集めている。

エチゼンクラゲを使った前菜

 日本海を中心に大量発生するエチゼンクラゲは、定置網にかかった魚を毒で傷めるなど、漁獲量減少や定置網破損の被害を与えている。同店では、漁業関係者を悩ませる「厄介者」の特性を生かし食材として活用するため、七尾市で定置網漁を営む会社「鹿渡島定置」と協力し開発を進めてきた。

 直径1メートル以上ある大型のエチゼンクラゲの食べやすい個所を使い、塩とミョウバンに数週間漬け込む作業を繰り返し徐々に水分を抜くことで、クラゲ独特のコリコリとした食感を持つオリジナルの「能登太陽くらげ」を誕生させた。

 「医食同源」をベースにヘルシー料理を手がける同店では、コラーゲンが豊富で低カロリー、さらに美容・抗菌・免疫力などのクラゲが持つ栄養素に注目。食感を最大限に生かしてメニューを考案した。定番の冷菜やいため物のほか、旬の魚介や野菜とともに仕上げる火鍋(コースで5,000円)の具材やデザートではタピオカの代用品としても利用する。

 「漁業に被害を与える邪魔者のエチゼンクラゲも、手間をかければ立派な食材として活用できる。その味をぜひ試してほしい」と同店担当者。「能登太陽くらげ」を使った料理は、先月下旬からグループ5店舗で提供している。詳細は同店のサイトで確認できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

金沢の久保市乙剣宮で「復活窪市」 露店やはしご登り、まち歩きなど。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング