金沢の企業、7割が環境対策へ意欲-商工会議所が調査結果発表

温室効果ガスの6%削減を目指す「チームマイナス6%」のポスター

温室効果ガスの6%削減を目指す「チームマイナス6%」のポスター

  • 0

  •  

 金沢商工会議所(金沢市尾山町9)がこのほど取りまとめた「環境経営に関する調査」の報告書によると、アンケートした企業の70%が環境対策に意欲的であることが分った。環境問題を重要視する時代の風を受け、地元企業にも「エコ」の意識が広まっているようだ。

[広告]

 調査は、無作為抽出による商工会会員事業所1000件を対象に10月、郵送による質問書の送付・回収で実施された。有効回答数は277で回答率は27.7%だった。

 「環境対策に取り組んでいるか」の問いに「実施中」と回答した事業所が55.2%で最も多く、「実施予定」=14.8%、「実施予定なし」=13.7%、「わからない」=16.2%となった。「実施中」と「実施予定」を合わせ、環境に意欲的な企業は70%に上った。

 取り組む内容では、「節電・節水の省エネ化」=77.8%(実施予定8.2%)、「廃棄物の減量化」=77.3%(同9.3%)、「リサイクル・省資源化」=76.8%(同8.8%)が上位を占め、4社に3社の割合で実践していることが分った。

 その動機として、「実施中」「実施予定」の企業では、「社会的責任」(77.2%)、「コスト削減」(54.9%)、「イメージアップ」(34.2%)、「法令遵守」(29.9%)などを挙げたところが多かった。一方、「実施予定なし」の企業では、その理由を「当面必要ない」(48.6%)、「適さない」(40.5%)、「何をすれば良いか分らない」(21.6%)と「負担が大きい(21.6%)」を挙げた。

 また、業種別の実施状況では、運輸業が77.8%(実施予定11.8%)と最も高く、サービス業=70.5%(同4.5%)、建設業=66%(同16%)が続く。最も低かったのは飲食業・宿泊業の30%(同25%)だった。

 今回の調査結果について同会議所担当者は「回答企業の多くは小規模事業所が占めており、企業が社会的責任を果たすことの重要性を認識し、環境問題に取り組んでいる」と分析する。また、求められる支援について、97%の事業所が「情報提供」と回答していることから、環境にかかわる助成金・技術・成功事例・法律など各分野の情報を「積極的に提供していきたい」とし、これからも環境意識の啓発に努める考えだ。

後援申請20141009
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース