食べる 暮らす・働く

金沢・主計町の日本酒バーがアペリティフ提案

SAKE BAR 數 KAZOEのアペリティフ

SAKE BAR 數 KAZOEのアペリティフ

  •  
  •  

 金沢らしい趣と風情があふれる主計町の日本酒バー「數 KAZOE」(金沢市主計町3 TEL090-6814-6773)が現在、日本酒でのアペリティフを提案している。

【パノラマVR】アペリティフを行っている主計町の日本酒バー「數 KAZOE」

 アペリティフ(Aperitif)はフランス語の食前酒の意味で、食事を通して家族や友人らとのコミュニケーションを楽しむことを目的として食前にお酒を楽しむ一つのライフスタイル。同店のロケーションを生かし、主計町の風情の中、一般のサラリーマンや夏の旅行客、夏休みに入った学生にも手軽に金沢らしさを味わってもらいたいと企画した。

[広告]

 アペリティフ企画を担当する同店の所健児さんは「仲間との飲み会前や、カップルのデートスタート時、あるいは勤め帰りのサラリーマンの方々が帰宅前に気軽に寄っていただき、和の趣あふれた雰囲気の中で『金沢のアペリティフ』として日本酒を味わってほしい。一人でもグループでもおすすめ」と話す。

 料金は日本酒1杯600円~。別途チャージ料1,000円(おつまみ付き)。開催期間は7月23日~8月27日の土曜日限定。17時から営業を行う(通常は19時~)。

  • はてなブックマークに追加