暮らす・働く

「パン屋になりたい」-金沢・武蔵商店街が短冊に書かれた夢実現

生地をこねる山崎さん(左)と長村さん

生地をこねる山崎さん(左)と長村さん

  •  
  •  

 金沢市の武蔵商店街振興組合が主催する七夕企画「夢短冊『あなたの夢かなえます』」の当選者が決まり、8月21日、2組が同組合加盟の「ブーランジュリー あとりえ ひらみぱん」(同市袋町)で「パン屋になりたい」という夢を実現した。

「1日パン屋さん」のお仕事

 2組は、同市の会社員山崎雅代さん(48)と、金沢市明成小学校4年、長村侑紀さん(9)。

[広告]

 将来、パン屋を開業したいという願いを持つ山崎さんは、実際の店舗での作業に感激しながら、来年、成人式を迎える長女の「似顔絵パン」を作った。「20(歳) おめでとう!」と記したハート形のパンも仕上げ、「帰省していたが、県外に帰ってしまったので、写メで送りたい」と声を弾ませた。

 一方、以前から同店に憧れていたという長村さんは、「おうちにいるたくさんのぬいぐるみの家を作ってあげたい」と目を輝かせ、家やウサギを完成させた。

 2人に手ほどきした尾中章訓店長(28)は「優しい気持ちで作ったら優しいパンになり、おいしいパンを作ろうと思ったらおいしくなる。2人には説明が必要ない。きっとおいしくできている」と、楽しそうな様子を見守った。

 同企画は、組合の「夏の感謝祭」の一環。県民らから願い事を募集したところ、255点の応募があり、このほか、「母娘のトータルコーディネート」「自作のビーズアクセサリーをめいてつ・エムザで売ってみたい」という夢を応募した2組が当選した。

  • はてなブックマークに追加
後援申請20141009