見る・遊ぶ

「レゴブロックワールド KANAZAWA」本州で初開催-未来の金沢レゴで作成も

金沢出身でこのイベントの中心的役割を担う「レゴモデルビルダー」直江和由さん

金沢出身でこのイベントの中心的役割を担う「レゴモデルビルダー」直江和由さん

  •  
  •  

 レゴ社製のブロック玩具「レゴブロック」の日本最大級のイベントで、本州では初開催となる「レゴブロックワールド KANAZAWA」が3月20日、石川県産業展示館3号館(金沢市袋畠町)で始まった。

「レゴブロックワールド KANAZAWA」会場の様子

 会場内はレゴの歴史や製品を紹介する「ヒストリーワールド」や、10万ピースのレゴブロックで再現した約4メートルの巨大ジンベイザメを展示する「海底ワールド」など10の「ワールド」に分かれ、来場した親子連れなどが興味深い様子で見学し、実際に手に取って組み立てを体験するなどの姿が見られている。

[広告]

 国内で2回目となる同イベントが札幌に続き同市での開催となった背景には、世界でも数十人しかおらず、アジアではたった一人というレゴ社公認「レゴモデルビルダー」で、金沢出身の直江和由さんの存在がある。直江さんは「地元で大きなイベントができたことに感謝している」と話し、「金沢は緑地公園など緑が多いまち。今あるものを残しつつ、金沢の風景を自分たちで新たに作る『フラワーワールド』に注目してほしい」と見どころを語った。

 日本でも初登場となる「フラワーワールド」は、来場した子どもたちがそれぞれに思い描く緑とお花の家、風景などをレゴブロックで制作。それを合体させて花があふれる「未来の金沢のまち」を完成させる。緑と花をモチーフに一般参加型として作品を制作するのも、初めての試みになる。

 開場時間は9時30分~17時(最終入場は16時30分まで)。入場料は、大人=1,200円、子ども(3歳~小学生)=900円、2歳以下無料。今月24日まで。問い合わせは石川テレビ放送事業部(TEL 076-267-6483)まで。

  • はてなブックマークに追加