暮らす・働く

金沢に町家改修「Zenrin Cafe」-地産地消「たんとカレー」名物に

名物になっている「たんとカレー」

名物になっている「たんとカレー」

  •  
  •  

 金沢市の「忍者寺」近くに昨年12月18日、古い町家を改修し、店舗として使う「Zenrin Cafe」(金沢市野町1、TEL 076-259-0059)がオープンした。

金沢に町家改修・カフェ新店

 店舗面積は164平方メートル。席数は、テーブル6卓の計18席。2階には和室4部屋の「善隣館サロン」を併設している。店内はWi-Fi環境も整え、2階は町会や企業の会合などにも利用でき、飲食もできる。

[広告]

 野町校区の高齢者が気軽に集える場を提供すべく、社会福祉法人「第一善隣館」が昭和初期から建つといわれる町屋を借り、サロンを開設。同時に、高齢者や障がい者が付近の寺院などを巡る観光客や地域の人たちと交流するきっかけとして、カフェをオープンした。カフェの運営はNPO法人「ふれあい工房たんと」が手掛け、障がい者就労にも役立てる。

 町家は当初傷みが激しく、金沢市に補助を依頼して改修、オープンへとこぎ着けた。利用客らは町屋造りの雰囲気を「懐かしい」「くつろげる」などと話し、毎日訪れる人もいるという。

 同店では障がい者福祉施設で作られたものを使ったメニューも多く、中でも「たんとカレー」(450円)を看板メニューに据える。「たんとカレー」は、後から来る辛みや体を温める効果が特徴の白山市特産剣崎なんばや、金沢市大野の直源醤油を使用しており、地産地消の意味も込めている。

 営業時間は10時~16時。土曜・日曜・祝日定休日。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

後援申請20141009