天気予報

32

24

みん経トピックス

金沢で禅語がテーマの書家展金沢駅前におばんざい新店

金沢の名勝庭園で舞踊と映像の宴 「金澤月下艶舞」今年も

金沢の名勝庭園で舞踊と映像の宴 「金澤月下艶舞」今年も

「金澤月下艶舞Vol 3」

写真を拡大 地図を拡大

 金沢市の名勝・記念物の「辻家庭園」(金沢市寺町1)で1月25日、雪の舞う満月の下で日本舞踊とプロジェクション映像のコラボを楽しみながら食を味わうイベント「金澤月下艶舞Vol.3」が今年も開催される。

【パノラマVR】 金澤月下艶舞Vol 1

 日本舞踊家と映像作家が、それぞれに伝統的なものをベース素材としながら、新しい手法を用い、藩政期より引き継がれてきた空間で展開する新しい表現を、和食のフルコースを味わいながら楽しむ同イベント。今回が3回目の開催となる。

 日本舞踊を演じるのは紫派藤間流師範・藤間信乃輔さんで、プロジェクション映像の作品はモリ川ヒロトーさん。当日、モリ川さんの映像と音楽に合わせて舞う信乃輔さんの創作舞踊は全て即興。即興ができる日本舞踊家は珍しいといい、場の空間をダイナミックに捉えて舞を披露するという。

 モリ川さんは、日常の何気ない金沢の景色を、地元民でもはっとする初めて見るような情景に切り出して空間にプロジェクションする作品が高く評価されており、2人の創作が歴史庭園の空間でコラボする。同時に提供される料理は「辻家庭園」の特別コース「雪と月」。

 同イベントを企画運営する「ギャラリー点」の金田みやびさんは「今回は『満月と雪』がテーマ。皆さんに美しい金沢を感じ続けてもらうことが大切と思っている。保証はできないが、雪降る中での独自の舞に期待している。映像も紗幕(しゃまく)を多層に組み合わせて立体スクリーンとして使う新しいプロジェクション手法を取り入れバージョンアップさせる。すでに北海道をはじめ遠方からの参加者もあり、さらに盛り上がれば」と話す。「地元金沢以外でも広く上演していきたい」と抱負を語る。

 開催時間は19時~21時30分(会場18時)。和食のフルコース料理付きで1万5000円、事前完全予約制。申し込みは「辻家庭園」(TEL 076-201-1124)または「ギャラリー点」(TEL 076-292-2140、090-2830-7370)まで。締め切りは1月20日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

金沢の人気ピザ店がパエリア通販サイト 地物食材と手作業にこだわり。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング