プレスリリース

お寺で開催の家族で楽しめる新感覚な音楽フェス!!5月18日(土)「座・ゆるりフェス」今年も開催!

リリース発行企業:株式会社 ミュージッククラブ

情報提供:

様々な世代や感覚が一緒に過ごせて、やさしい気持ちになれる空間。 音に、ゆるり、ゆれて。





石川・富山の県境に位置する、?利迦羅不動寺(くりからふどうじ)にて新感覚な野外フェスを開催!
歴史ある場所が1日限りのフェス会場に様変わりし、話題のアーティストがLIVEを繰り広げます。

入場無料の「TSUNAGUエリア」と称した飲食・マーケット・ワークショプスペースでは、
フェスの醍醐味でもある美味しいフードとお酒、家族で楽しめるワークショップも同時開催。

また、昨年も好評だったキッズコンテンツも充実!
乳幼児とお越し頂く、パパママも安心のおむつ交換所、授乳室はもちろん、
絵本読み聞かせや、親子で楽しめるヨガ体験など盛りだくさん!

親になってフェスから遠ざかっていたパパママもあのときを思い出して、子どもと一緒に楽しもう!
めまぐるしく過ぎる日常だけど、この一日はゆったり大切な人と過ごしてみては?


イベント詳細

ARTIST:土岐麻子、T字路s、mabanua (minimal set) 、FNCY、STUTS 、Campanella、and more...

会場:?利迦羅不動寺 山頂本堂
日程:5月18日(土)OPEN11:00/START12:30~CLOSE21:30

3月2日(土)TICKET発売開始!!
※前売り券 限定500枚!!
一般 ¥4,000 / 中・高校生 ¥2,000 / グループ割(一般4枚) ¥14,400 「50セット限定!!」
小学生以下無料!! 無料エリアも充実!!
※全て1ドリンク代別途¥500
※当日券+¥1,000

ープレイガイドー
ローソンチケット 0570-084-005 L-cord:55361
チケットぴあ 0570-02-9999 P-cord:145-782
e+(イ−プラス)/TOWER RECORDS 金沢フォーラス店/TSUTAYA金沢店

専用駐車場、シャトルバスあり!

『キッズコンテンツ充実!パパママも安心』
絵本読み聞かせ、北陸朝日放送presentsキッズスペースなど盛りだくさん!
今年もおむつ交換所、授乳室、イヤーマフレンタルもあり!

『くりから お寺 de ワークショップ』
座・ゆるりフェスならではの瞑想、ヨガ、写経を通して、お寺をカジュアルに体験!

『TSUNAGUエリア』
美味しいフードとお酒を心地よいmusicの中で楽しもう!
ワークショップ、マーケットもあり大人から子どもまで満足!
DJ:vinyl sessionz (Bonzrum、woolongo、Chipcal、Black Bunz、FIVE
KIWI/OUROBOROS/chill(gooddick、PEANUTS、J-ONE)/Doy
LIVE:t.kawada as phoenix/JIROW WONDA


アーティスト紹介



土岐麻子
Cymbals のリードシンガーとして、1997年にインディーズ、1999年にメジャーデビューを果たす。2004年のバンド解散後、実父 土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー・アルバム『STANDARDS ~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリースし、ソロ始動。本人出演/歌唱が話題となったユニクロTV-CMソング『How Beautiful』を始め、NISSAN「新型TEANA」TV-CM ソング『Waltz for Debby』、資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソング、『Gift ~あなたはマドンナ~』など、自身のリーダー作品のみならずCM音楽の歌唱や、数多くのアーティスト作品へのゲスト参加、ナレーション、TV、ラジオ番組のナビゲーターを務めるなど、“声のスペシャリスト”。サウンドプロデューサーにトオミヨウを迎えた「PINK」(2017)に続き、2018年5月30日に約1年4カ月ぶりのオリジナル・フルアルバム「SAFARI」をリリース。

オフィシャルHP:https://www.tokiasako.com/



T字路s
2010年5月に結成。
伊東妙子 (Gt,Vo)、篠田智仁 (Ba / COOL WISE MAN)によるギターヴォーカル、ベースのデュオ。
2016年 映画『下衆の愛』に主題歌「はきだめの愛」を書き下ろし提供、映画と共に話題を集める。
2017年 初のオリジナル・フルアルバム『T字路s』をリリース。
同年開催されたフジロックフェスティバル等数々のイベントに出演。
また、NHK Eテレ「シャキーン!」へ楽曲、演奏、歌唱の提供や、2018年の夏にそごう・西武で開催された「お買い物ブギWEEKS」のスペシャルサポーターを務め、笠置シヅ子の「買物ブギー」の歌詞をアレンジしてカバーした「買い物ブギ ~西武・そごう 2018ver.~」が話題になるなど幅広く支持される活動を続けている。

二人が織りなす音楽はブルースやフォーク、ロックンロールを飲み込みつつ、ジャンルの壁を超えるものであり、人生における激情や悲喜交交を人間臭く表現した楽曲たちがファンの心を鷲掴みにしている。

オフィシャルHP:http://tjiros.net/



mabanua (minimal set)
日本人ドラマー、プロデューサー、シンガー。
ブラック・ミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチで全ての楽器を自ら演奏し、国内外のアーティストとコラボして作り上げたアルバムが世界各国で話題に。また、プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当。

またToro y Moi、Chet Faker、Madlib、Thundercatなど海外アーティストとも多数共演。
さらに、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンド "Ovall" としても活動し、大型フェスの常連となる。
また、ビートメイカーBudamunkとのユニット "Green Butter"、タブラ奏者 U-zhaan と共に "U-zhaan × mabanua"、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文のソロプロジェクト "Gotch BAND" のメンバーとしても活動中。

今回は Ovallのギタリスト 関口シンゴとのデュオ編成で出演!

オフィシャルHP:http://mabanua.com/



FNCY
2018年夏、突如センセーショナルに発足したZEN-LA-ROCK/G.RINA/鎮座DOPENESSからなる新ユニット
「FNCY」(ヨミ:ファンシー)。

楽曲のみならず、90年代へのオマージュが散りばめられたファッション・MV・オフィシャルグッズなど、
その懐かしくも最先端な世界観すべてが話題を呼んでいる。これまでに「AOI夜」「Silky」「今夜はmedicine」の3曲を配信リリース。2019年アルバムリリース予定。

オフィシャルHP:http://fncy.tokyo/



STUTS
1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。
2013年2月、ニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライブを敢行。オーディエンスが踊り出す動画をYouTubeで公開して話題になる。
MPC Playerとして都内を中心にライブ活動を行う傍ら、ジャンルを問わず様々なアーティストよりトラック制作、リミックスの依頼を受けるようになる。
2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。
2017年5月、LAで開催されている老舗パーティー”Low End Theory”に出演。
2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。
2018年9月、2ndアルバム『Eutopia』を発表。
現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、

コラボレーションやCM楽曲制作を行っている。

オフィシャルHP:http://stutsbeats.com/




Campanella
Rapper(MdM)
1987年愛知県生まれ。 音楽と言葉を変幻自在に操るRapper。
2011年、RCSLUM RECORDINGSのV.A.『the method』 に参加。
その後、C.O.S.A.とのユニットであるコサパネルラ名義の作品、 フリーミックステープ、
CAMPANELLA&TOSHI MAMUSHI名義の作品などを立て続けにリリース。
2014年、ファースト・アルバム『vivid』をリリースし脚光を浴びる。
2016年、セカンド・アルバム『PEASTA』をリリース。
2017年、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)とのコラボレーション楽曲『PELNOD』をシングルカット。
現在、数多くのアーティストの楽曲に客演として参加、全国各地でライブを活発に行っている。

オフィシャルHP:https://spaceshowermusic.com/artist/10864879/





倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)について



倶利迦羅山不動寺は、今から約1,300年前の養老二年(718)、中国から渡来したインドの高僧、善無畏三蔵法師が倶利迦羅不動明王の姿を彫刻された尊像を、元正天皇の勅願により奉安された事が始まりと伝えられています。それから約100年後の弘仁三年(812)に、弘法大師が諸国を巡る途中で、不動明王を拝され、あまりの有難さに扉を閉められ、本尊と同体の不動尊像を彫り、御前立(おまえだち)の不動尊として奉安されました。この時、別当山として長楽寺が開山されたといわれています。

寿永二年(1183)の倶利迦羅源平合戦の際、兵火に遭い、多くのお堂や寺宝、記録などが焼失しましたが、その後、源頼朝によって再興されました。戦国時代の天正年間(1573~1592年)には衰退し、廃寺同然となりましたが、江戸時代の寛永年間(1624~1644年)に秀雅上人が再興し、さらに加賀藩主前田家の祈願所や参勤交代の休憩所となったことから、社殿の再建や寺領の寄進が行われ、寺運が再び隆盛しました。

江戸末期の天保七年(1836)に門前の茶屋から出火し、山門や不動堂が焼失しました。再建されないまま明治維新を迎え、明治二年(1869)の明治政府による神仏分離令によって長楽寺は廃され、手向神社となりました。その当時の仏像類は、金沢市の宝集寺、小矢部市の医王院、津幡町倉見の専修庵などに譲渡されました。

廃寺から50年後の昭和二十四年(1949)、高野山の金山穆韶大僧正の尽力により、長楽寺跡に堂宇が再建され、御本尊さまの御名から倶利迦羅山と号し、不動寺(通称、倶利迦羅不動寺)として復興されました。奥之院の不動堂は、旧高松小学校(現かほく市)の御真影奉安殿、本堂は旧金沢卯辰山忠魂祠堂を移築したものです。以後、次第に道路や寺観を整えられ、県内外から多数の参詣者がお詣りされます。



お問い合わせ


座・ゆるりフェス運営事務局 HP https://www.the-yuru-fes.net/
オフィシャルSNS→Instaglam、Twitter、Facebook 「座・ゆるりフェス」で検索!
石川県金沢市千木町リ100番地 北陸メディアセンター3F TEL:076-258-7551(平日10:00~17:00)

主催 : 座・ゆるりフェス実行委員会 共催:株式会社ミュージッククラブ
後援 : エフエム石川、津幡町観光協会、小矢部市観光協会
協力 : エスタシオレコーズ、株式会社ボスコ、オヨヨ書林、アンドやまだ、手向神社
特別協力 : 北陸朝日放送株式会社

  • はてなブックマークに追加