天気予報

13

5

みん経トピックス

金沢で民泊活用イベント金沢に女性目線ゲストハウス

金沢・尾張町にフレンチフライ店 選べるディップ、国内外のビールも

金沢・尾張町にフレンチフライ店 選べるディップ、国内外のビールも

カウンター越しに商品を提供する店長の竹内さん

写真を拡大 地図を拡大

 金沢・尾張町に12月28日、フレンチフライの店「THINK THE FRIET」(金沢市尾張町、TEL 070-2250-3200)がオープンした。

【パノラマVR】尾張町にオープンしたフレンチフライの店「THINK THE FRIET」

 アンティークの雑貨や家具などのギャラリーを併設した美容室「CITA hair works」(小松市)が新規事業として立ち上げた同店。ディップを添えた揚げたてのフレンチフライ(フライドポテト)とビールなどのドリンクを提供する。店内には待合スペースがあるが、基本はテークアウトとする。

 フレンチフライは「Sサイズ(ディップ1個付き)」(480円)、「Lサイズ(ディップ1個付き)」(680円)、「BOX(ナゲット4個・ディップ2個付き)」(980円)の3種類。ポテトのほくほく感が楽しめる半月型と、カリッと揚げた細切りの2つのタイプで提供する。ディップは「アンチョビマヨ」「バジルマヨ」「豆とめんたいこ」「ワサビクリームチーズ」「チリサワークリーム」の5種類から選べる。

 ドリンクは「ジンジャーエール」(500円)に加えて、ドイツの「レーベンブロイ」(500円)、ベルギーの「シメイレッド」(600円)、「金沢百万石ビール」(800円)など国内外のビールをそろえる。

 武蔵が辻から橋場町に抜ける大通りに面し、地元客だけでなく、観光客も多く訪れているという。店長の竹内達也さんは「ディップは、オープン前に試食会を開いて好評だったものを提供している。プラス150円で1個追加することもできるので、いろいろな組み合わせで楽しんでもらえたら」と話す。今後については「フレンチフライをメインにしながら、フードもドリンクもメニューを増やしていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~19時。火曜定休(2月以降)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

石川県立伝統産業工芸館で「KOGEI MATSURI」 若手伝統工芸作家の作品中心に。この記事へはこちら。
[拡大写真]

アクセスランキング